FC2ブログ

サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be-Bop-lula

2018.03.11.Sun.14:16
風邪をひいてしまってゲロッキーです。
普段、てか生まれてこのかたほとんど風邪ひいた事ないから感染するとキツいんでしょうね。
先週半ばから、ちょっと具合が悪いかと思ってましたがこの週末はまたゲロ忙しいのでそれまでには体調を整えておかねばと思いつつ、悪くなる一方でほとんどの予定をキャンセルしてスタリハだけ出てきました。

とはいえ、声が出ないのにスタジオ入っても一緒やろ!というものですが、今週抜いたら三週空いてしまうのでここは抜けられない。
新曲の音合わせもありましたので何回歌えるか分からないですが合わせるだけ合わせてみました。
声は出ませんがブレスのタイミングとか、音程とかそのへんだけはとりあえず掴めたようです。

さて、今日はストレイキャッツで「Be-Bop-lula」を聴いてみたいです。
これは自分も時々歌ってたりしますがエルビス・プレスリーの定番ですね。
オリジナルは誰の曲なのかよく知りません。
こうしたロカビリーシーンではよく見られるギターボーカルスタイルですが以前にも言ったように自分はあまりギタボ好きではありません。
ウチなんか、いつまでたってもしんちゃんと二人で大きな顔してステージこなします。
ギターも弾けて歌も歌えるなら、ギターボーカルすればいいじゃないかとみなさん仰いますが、自分はKILLER BEE加入以来、しんちゃんのベースを尊敬してますからね。
ギターもいい加減、歌もいい加減じゃギターなんかなくても十分です。
それにギタボというのはボーカリストがマイクスタンドに縛り付けられてワンステージ持たせる事がなかなか困難ですからね。
どうしてもステージが貧相になりがちです。

とはいえ、一度思うのですよ。
KILLER BEEのステージにプレミア回で金髪リーゼントの元MYKIバージョンが復活とか・・・
それで昨日なんかは声が出ないから、歌えるまで新曲さらってその後はギタボバージョン試してみようと試みたのですが14曲と新曲が6回ほとんど歌い切れました。かなりデス声でしたけどね。
せっかくですから、最後のシメの曲「全開ハッスル」だけ弾いてみました。

ちなみに、それから帰宅した途端に高熱を出して寝込んでます。




スポンサーサイト

ALL THE THINGS SHE SAID

2018.03.05.Mon.21:30
またおかしな夢を見ていました。
ギャラを弾むというので荷物を持って遠征にでかけます。
ギャラは助かるけど、ともかく知らない土地で我がKILLER BEEのチカラを試したいと意気込むわけですが、肝心のどこへ行くのかと尋ねると韓国と聞く。

イカナイっ!!ゴネ出しました。

そしたらプロデューサーらしい人から「分かった、分かった。」となだめられて、連れてかれたとこがなぜか中国。

カエルっ!!また怒り出す。

でも初めて見た中国の地ですっかり機嫌直して、人民に混ざってワッショイ!ワッショイ!と大はしゃぎで設営まで手伝います。
「じゃ、今日はこれぐらいにしておいて宿泊所に戻ろう。」という声を聞いて、また機嫌を損ねる。

今からとか、夕方から始めるんちゃうん!!てか、嫁が待ってるから11時までには帰るし!

またゴネ出した。
「分かった、分かった。そしたら、後やっとくから宿舎でゆっくりしてて。」
なぜかそれで一時的に機嫌を直すんですよ。
ところが、案内されたのがホテルじゃなく、普通のアパート。当然、また怒り出す。
しかも、そこに住んでたのがなぜか一目で分かった日本人妻。
日本人が中国で暮して行く秘訣みたいなのをタラタラ聞かされて・・・

ちゃうっちゅうに!!オレは日本から来たミュージシャンや!!


今日は来日してプロモのためのテレビ出演をドタキャンした事で有名な t.a.t.u を紹介します。
て、いうか結構なヒット曲でしたからみなさんワタクシよりもご存知でしょうけどね。
何でも某歌番組にナマ出演する予定でしたが、何に機嫌を損ねたか楽屋から出て来なくなったとかで、仕方なく前出のミシェル・ガン・エレファントが二曲披露して穴を埋めたという有名な話です。
韓国イカナイ!中国もイヤ!!
彼女たちにとって、日本とはそういう感覚にあったのでしょうか?
10年の歳月を経て、再結成した彼女たちはドタキャンした某番組への出演を熱望してるという事らしいですが、どうなんでしょうね。

まーくんが帰ってきて、たぐっちゃんの体調が回復すればKILLER BEE 熊本遠征。
あるいは大分に招致というビジョンも前向きに考えてはおります。
ただ、ひとつ分かった事は「ワタクシは遠征すると不機嫌になる。」という事でしょうね。



My mother taught me

2018.02.28.Wed.00:33
母親の夢をみました。
妻だったのかも知れない。
足元が拙いので思わず手を貸すと「手が優しい」と言われました。
自分は思わず「おかんやからな。」みたいな言葉を返しますが、それには「母親だから気遣って当然」という意味ともうひとつ。
「母親だから、そう感じるだけ。」というふたつの意味が同時に含まれてます。
そして思うに母はその言葉をどう理解したのかとも思います。

妹がよく言ってました。
「世話をみてるのはアタシやのに、今でも(母には)アンタが一番なんや。」
さんざん苦労かけて挙句、負け落ちて九州に逃げ込んだ自分をです。
それが、死期が近づいた頃には母は自分の存在をすっかり忘れてしまっていたようです。
数日、顔を合わさない人の事はだんだんと記憶から抜け落ちてしまうのです。
自分はそれはよかったと思うのです。
周りに恵まれたすべての人々はそれはかけがえのないものです。
それでもあえて最愛の人を一人選べと言われるならば、自分は愛娘を指すでしょう。

母にとって最愛の人は今自分が最期の時を迎えるにあたり、すべての交通機関もなく車でどんなに飛ばしても10時間から半日は裕にかかる場所にいるのですから。
できれば忌の際には娘の事を忘れてしまいたいものです。ムリでしょうけど・・・

さて、自分にとっての一番のストレスといえば、それは家事でしょう。
特に飯炊き。
365日起きたら最後、寝るまで仕事は終わりません。
夢の中で手を差し伸べたのは母だか妻だか曖昧ですが、母にできなかった無理を代わりに妻にできればと。
今朝、それを亡き母に教わったような気がします。
全く興味のない、かぼちゃの煮物。辛かったです。


EL DORADO

2017.11.16.Thu.19:09
米国大統領の日韓訪問で日本を貶めようと企てた韓国。
ボロクソですね。
韓国内では連日、日本を貶める事に成功しました万々歳!!と報道されていたとの事ですが、そんな事はどうでもいいです。
なにより驚いたのは米国民の方で、日本に滞在中の大統領夫人が終始笑ってる事。
あまり公の場では笑わない人だとか。
小学校で習字の授業を見学した際には日本の子供達とピースサインまで作ってるのには目を疑ったともいいます。
日本人として、なんと誇らしい事でしょう。
それに比べれば、他国の誹謗・中傷なんぞ取りに足りない事に過ぎません。

それはともかくとして、すぐご近所にですが「Kさん」という、それは立派なお屋敷がありまして自分はてっきり、かつての大物政治家「Kさん」のお身内かとばかり思っていました。
それが先日通りかかると影も形もなく消え去ってるんですよね。
まあ、これは邪推というヤツですが、仮にご当主が亡くなったとします。
何某かの事情があって、後に住む方がいなかったのでしょうか?
それで更地にして、分譲住宅なり集合住宅なりにしてしまえと・・・いやいや、あんな立派なお屋敷を立て壊すのはあまりに勿体ない話ですよ。
うちの親友がいつか行ってましたがね「親に家など遺してもらうもんじゃない」と。
じゃあそれを相続してここに住もうか帰ろうかになると、税務署が来て「ここにお住まいになるのでしたら、相続税500万払ってください。ついでに固定資産税もいくらになりますのでヨロシク」と・・・
税務署の見積もりが仮にですが、時価一千万として、約その半額。
そんな金、ひっくり返してもねぇよ!!
「じゃ、相続放棄しますか?よく考えておいてください」と帰っていく。
そのすぐ後、入れ替わりで銀行屋が来て「この家担保に500万ご都合しましょうか?利息は年利何パーセントになります」とこうくる。
また、よく考えておいてくださいと帰っていく。
そしたら、またその後に不動産屋が来て「ここお売りになりますか?お急ぎですよね?700万でいかがでしょう?」
結局、相続して何やかんや払って、親の家の代金はわずか数万円。
これが成人してから親が購入した家屋だったからまだよかったけど、生まれ育った家なら、もういたたまれませんね。

何とも儚いお話ですよ。貧乏人の子で良かった良かった万々歳!!

えー今日は聖鬼魔IIの懐かしいところで「EL DORADO」です。
自分の記憶では「BIG TIME CHENGER」に収録されてた曲だと思うのですがここから「ステンレスナイト」や「白い奇跡」等々へとヒット曲が変わるんですよ。
まーね。おまんま食えてのミュージシャンなんですから、いつまでもロケンローだけで食っていけないのは重々分かります。
ステンレスナイトだって自分的には結構好きですけどね。何か諸行無常の儚さは否めないですよね。



 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。