サッカリン駒田のHound Egg

騒がしい方

2014.04.13.Sun.22:19
伸びた後ろ髪を掴んで一思いにジャキっと切ってしまいました。
チリチリに絡んで跳ね上がる。

そしたら「黒子のバスケ」みたいに真ん中だけ異様に短くなったので端も切る。
だんだん短くなってこのままでは刈り上げになってしまうので断念する。

どうせ自分では見えないからええか・・・



またリーダーでベース担当の渡邊慎一郎氏とふたり練習です。
4月はメンバーの集まりが悪いなぁ。
リハが跳ねれば深夜0時。スタジオのママさん「二人なのに物凄い気迫!ふたりでライヴに出てくれたら?」
4月のライヴは若干の空き時間を予想され、自分らが当初予定した5月の方はまだ出演バンドも揃ってないので困ったもんです

さて、話は戻りますがしんたんと二人でも異様に盛り上がる。
ここは才能ですね。
言い方変えると性格のものでしょう。
バンドには騒がしい方のふたりとおとなしい方のふたり、あるいは三人で構成されてるような気がします。
過去ずっとそうでしたし、名だたるビッグバンドをみてもそんな気がします。
騒がしいのが四人集まるときっとうまくいかないし、全員控えめだと問題外でしょう。
たぶん前からそうだったかもしれませんが憶えているのは意見が合わせられなくなって袂を分けた仲間の事ばかり。
それがここ数年は何の前触れもないメンバーの突然の脱退ばかりを見ております。
どっちでも結果は同じですけど、喧嘩別れした方がなんとなく一節の終わりに納得がいくようなものです。

日野クンとても残念な事でした。
今度のメンバーは例え毎週揃わなくてもうまくやっていく。
ここに意識して行きたいものですね。
スポンサーサイト
 | HOME |