サッカリン駒田のHound Egg

歌うたいのバラッド

2014.10.10.Fri.22:51
えー・・・すっかりご無沙汰になりましたがブログに掲載されたスポンサー広告も関西汽船ならば、まあ許せるかなぁ・・・などと思う今日このごろ。
先日の皆既月食はご覧になりましたか?
わたくしなどは魚のアラが入った、かなり臭うゴミ袋を両手に外へでてみれば確かに3分の1ほど欠けた月に運よく巡り会う事ができまして。
思えば月食をリアルで見たのは生まれて初めてではなかったか?などと思います。



さて、先日ちょっとうれしい事がありまして、職場の女の子に「どうすれば歌を上手く歌えますか?」なんて歌手みたいな質問を受けてしまいました。

そんな事。こっちが教わりたいわ!

そんな事ねぇ。・・・歌が上手い人と普通の人とは根本的に体の構造が違うのよ。
こちとら、この2年間毎日欠かさずボイトレして練習して一向に上手くならない。

そう言ってしまえば、こりゃあまりに素っ気無い。
今から歌い手をめざすの?それともカラオケが上手くなりたいの?
カラオケが上手くなりたいのなら、難しく考えんこっちゃね。
あと、曲を百回聴いて体にリズムを刻み込む。
それから、あの歌い出しが赤くなるのと、フヌケタ伴奏は徹底的に無視する事ぐらいかな。
歌詞を目で追ってるうちは百年経っても上手くはならない。
あぁそれからヴィブラートとかしゃくりとか・・・これも徹底無視していいです。
ひたすら歌い込んで自分の歌が歌えなきゃ、上手くは聴こえません。

駒田さんは相当上手いんですよね?
冗談じゃない!隣でドカドカドラムを叩くのに匹敵するほどの声を出すわけです。
カラオケなんか歌ったら、余裕でマイクの要領を越えてトイレに座ってても聞こえると嫌われてしまいます。
カラオケなんか、絶対行かない!と断言してしまいました。
でも、よくよく考えたら一緒にカラオケぐらい付き合ってやればよかったわけです。
たぶん、そう言いたかったんじゃないでしょうか?・・・

斉藤くんには歌う事はちょっと難しいんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
 | HOME |