サッカリン駒田のHound Egg

The gate of Babylon

2016.05.15.Sun.07:02
ピックがなくて困ってます。
厚さ1~1・3ミリ。ナイロン製のレインドロップ。
いつの頃からかこの形にこだわりがありまして、ピックボーイの普及品「エッジ」シリーズがこれにあたりました。



ところが片田舎に住んでる不便さもあって、近頃これが入手できなくなり「まあ、テキトーでいいや。」とスタジオにあったジムダンロップのナイロンピックを数枚買い足しました。

それがエッジよりも3ミリほど長いんですよね。
「そのぐらい・・・」と思うけど浅く持つと弦にあたらない。深く持つと今度は滑って、やはりあたりが悪い。
こんなもんでも規格が少し変わっただけで慣性に影響するもんです。

・・・で、このエッジなんですが自分は初号機を購入した大分市街地の島村楽器で一緒に買ったものと記憶していました。
たしか25年ぶりに楽器を始めようとピックを何種類か試しに買ったうちのひとつかと・・・
それがとんだ記憶違いでコレは九州電力ビル前のヤマハ音楽教室で電気代の支払いに来たついでに冷やかしに買った数枚だったんですね。
つまり、その頃にはもう生産されていなかった売れ残り。さらにこの教室はすでに閉鎖されてありません。
それでちょっと高いけどピックボーイの「エボニー」使ってみました。
こちらは木製でハンドメイドなので値段は3倍ほどしますが規格は同じハズ・・・
ところがコレも2ミリ長くてやはり使いづらい。1枚3百円も出して使えなきゃ意味がない。
しょーがねーからダンロップの先端を職人みたいにコリコリと削る次第にございます。

さて、若い頃。リッチー・ブラックモア師匠のピックといえば小ぶりのホームベース型。
彼の手法を必死で真似たわけですがこのピックだけは「よくこんなもんで弾けるなあ」と思うほどの逸品で手法も困難でしたがそれ以前にこんなピック使う事自体が荒行に相当する。
ところがダンロップを削って「どこかで見た不細工さ・・・」と思いきや、あのホームベース型にそっくりなんですよ。
50を越えて、知らずのうちにそこに還って来ていたという。よくできたお話しですね。

スポンサーサイト

This is Halloween

2016.05.11.Wed.18:52
さて、バケモノ扱いされるほど健康体なワタクシも実に7年ぶりに風邪をひいてしまいまして、喉が痛くハナをちゅんちゅんさせております。
明日はもうひとつのバンドのリハがあって、しょーがねーから先生がボーカルのお手本を見せてやろうかと意気込んでるところでコレはかなりの痛手ですね。



それはさておき近頃やたらホラー映画にハマっておりまして週に4~5本・・・ほぼ毎日ホラーしてますね。
残念ながら怖いと思った映画は今のところ一本もないです。
むしろホラー映画は一種の美学ですよ。この馬鹿馬鹿しさ・・・
アザーズ

えー「アザーズ」です。家の中に棲みついた悪霊達と戦う母親。
ニコール・キットマンの名作ですが自分の中ではこれを越える作品はないです。

アンボーン

それで最近観た中で「アンボーン」ですが、自分的に劇中で結局は主人公だけが生き残るためにまわりの人間は何人死んでもいいのか?って疑問を感じたりしました。
でもやはりコレも「アザーズ」ばりに最後に衝撃のどんでん返しで主人公は絶対殺されないのが判明。
じゃ、今までのアホらしさって何やったんやろ?・・・って、ここまで計算に入ってたならばコレは「アザーズ」をしのぐ名作です。
そんなこんなで今日も二本ほど借りてきまして、時間が許す限り鑑賞に耽るわけですが今日のは「人間人形デッドドヲル」ってタイトルからしてアホらしさ満載ですが「金返せ!」ムービーに出会えるのもホラー鑑賞の醍醐味です。
もうひとつは「ダークウォーター」。これはたぶん黒木瞳主演の邦画「仄暗い水の中で」のリメイクじゃなでしょうか?

で、ようやく本題ですが今日はマリリン・マンソンの「This is Halloween」をお贈りします。
どの映画か忘れましたがこれではないですがマリリンの曲が使われてましたね。
憶えてないから大した作品ではなかったのでしょう。
 | HOME |