サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aces hight

2017.03.22.Wed.14:08
1月行く。2月逃げる。3月去る・・・
そんな言葉に四半世紀も前の忙しい日本人を思います。
外国ではおそらく、こんな言葉はないと思うのです。
さて、この3月は自分にはやたらと長いように思われて仕方がない。
明けて4月1日にはTHE MYKI 今年二回目のライブがあります。
バンドは新曲新曲と気持ちばかり早って、音も構成も固まってない状態で明日は最後のリハに入る。
もう、ライブだって10回はこなしてますから、今更どうって事でもないのですが今度はまた大阪から去年ご一緒できたCANDYーBOXのシェリーちゃん、テッチャンがやって来ます。

メンバーはおそらくまだ、その事に気づいてませんから、明日ビビらしてやろう!




さて、今日はIRON MAIDENSの「ACES HIGHT」です。
アイアンメイデンじゃなくて、IRON MAIDENS。
つまりは公認のカバーバンドになります。
ウチも今のところ、カバー曲ばかりになるのですが、自分はいつもあえてコピーを避けるんですよ。
フレーズを一部いじって雰囲気を変えつつも原曲の味を活かすアレンジを模索しますが、ボーカルが丸々コピーしかできない男ですからね。
いや、そのコピーでも完コピならまだいいんですが・・・あーもうっ!!

イロイロ考えあぐねて、もう気にしない事にしました。
とりあえず・・・「巨乳に勝る説得力は存在しない。」
スポンサーサイト

Girls on Film

2017.03.08.Wed.01:01
バンドの危機でございます。
えーまあ、ベースとワタクシ・・・バンドの舵取りコンビがほぼ同じくらいの年で50代。
ボーカルが40代でドラムが20代。
そうすると、まず何が起こるかというとジェネレーションギャップというものですね。
若い連中の好む曲というのがもう、チャラくてね・・・
それはもう、しゃーない事なんですyo!



で、バンドを運営していく上で「音楽性の違い」
これはいずれ絶対に生じる事なんですよね。
世代が同じでも、同じ歴史を歩んで来ても、絶対起こります。
なぜなら、それだけバンドに音楽に熱意を注ぐからですね。
小手先の技術で対応して、何でもテキトーでいいや!っていうのなら、別にどーでもいい事です。
ま、それはさておき、ジェネレーションギャップについてどう対応していくか?ですよね。

自分達世代にも「ニューウエイブ」というものがありました。
デュランデュランとか、カルチャークラブとか・・・U2なんかもそんな風に呼ばれてたように思います。
それに対して、自分ら世代のミュージシャンたちはどう反応したのですかね?
あー例えば、プロのミュージシャンとか音楽評論家とかいった類の人達でなく、自分達にベンチャーズ教えてくれたようなアマチュアの先輩方って、意味ですyo!
「ハナクソ!」と思ったか「斬新」と評価したか?・・・たぶんほとんど「ハナクソ」でしょうね。

ベースのひろしちゃんはここでオリ曲を書いてくれといいます。
自分曰く、オリ曲書いても1年ないし、半年。問題を先送りにするだけだと思う。
その問題とは別にオリジナル指向でやっていくという意味ならば「演ってもウケない」という根本的な問題に直面するわけですよね。
曲書いてトラックダウンするのも面倒くさいしねぇ。
でも、本当の理由はボーカルのセンスに合った曲がどうしても書けないから書いてないんです。

さて、今日はデュランデュランで「Girl on FIlm」です。
この頃、MTVの登場もあって色んな音楽が手軽に発信されました。
スモウレスラーと外人のねーちゃんの一番も衝撃的でしたね。

自分は20歳ソコソコでどっちかといえば保守派なんですね。
でもキライじゃなかったですよデュランデュラン。
邦題が「グラビアの女」とかいいまして、邦題の方がカッコいいと思った数少ない曲です。
まあ、間違っても方向性を合わせる音楽ではなかったですが、理解できる若いセンスはあったという事でしょうかね。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。