サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだやるゼ!

2014.06.08.Sun.14:46
ぜひ、見学に行きたいというドラマーの申し入れがありました。
うちはなかなかライヴの都合が合わなくてスーパープレイが披露できないですがリハーサルは毎週やってますし、基本いつでもオープンです。



かかってこいやぁっ!!

そんな折、ギター小僧がお母さんの具合が悪くてしばらくは来れない。
続けていけるかどうか分からないとぬかしております。
家庭の事情は仕方がないです。
家庭があって、仕事があってその上にアツくなれるバンド活動ですからね。
とはいう自分は配置でバンド活動がしていけない状況になった時、あっさり「じゃ、やめます!」と明るく言い放ちましたけどね。
やめられては困ると無理を通してくれた職場にはこの上なく感謝してます。
これに慢心する事なくその分、一生懸命働きます。
それだけできれば、またさらに重宝されます。

ところが家の事情となれば、そうはいかない。
元ギタリストとして、自分の持ってるすべてを彼に伝授して来ました。
もうあと一歩のところまで追い詰めて、先月は仕事で一ヶ月の休場になった小僧。
復帰したらまたブランクが懸念されていましたがここまででしょうか。
こちら側としては一ヶ月でも二ヶ月でも待つ事はできますが本人の判断ですからそれ以上は何も言えないです。
運営の上で特に差し支えない事でしたがここはやはり、ひとりだけ二十代のこれからを思ってしまいますね。
事実上の免許皆伝まであと一歩まで追い詰めたのですから、これからいくらでも上手くなれます。

それはさておき、バンドの維持を考えれば新たにメンバーを探さなければなりません。
無論、二人になっても活動は続けますが構成がちょっと面倒になってもギターは被っても構いません。

今日はマイケル・シェンカーです。
ドラムのコージー在命のかっこいいMSGです。
日常生活の中でも何かの拍子に鍛え抜かれた小指がさっと伸びるのがギタリスト故のものですがマイケルは驚いた事に四本指のスーパープレイです。
とはいえ、そんなたいした事はまったくしてないんですが小僧に最後に伝えたかった事。
たいした事できないのに上手いように見せる。

大きな顔してこれさえできればね。大概のところでは向こうが気負い負けするもんでござんすよ。
なにより楽しそうでしょ?これは自分がマイケルから学んだ事なのです。
スポンサーサイト

コメント

No title
トイナナさん。久しぶりに聴いたInto the Arenaゴチでした。
マイケルって、コードプレイでもパワーコード使ってないんですね!
指の短い自分には改めてオドロキですねえ。
アンガス・ヤングもそうでした。
自分も見習わないと・・・・・。
ヘタリカさん
ありがとうございます。

でしょ?
小僧の教習のために無理してバレーコードを使いましたが基本は指三本で事足りますよ。
これはリッチーブラックモアから学びましたが彼こそ小指使いの名手だったりします。
No title
コージー!
わが青春です。
当時ドラムやっていた私は、この人の音だけを追っかけていました。今になって思うと当然コージーより上手なドラマーは一杯いたわけですが、この人のカリスマ性を超えるドラマーはいませんでしたね。
またマイケルは、ワンパターンと言えばワンパターンですが、明らかに色がありましたね。
誰が聴いてもマイケルだと分かる色。
こういうギタリストはめったにいません。
ひょい。さん
ありがとうございます。

自分もレインボー在籍の頃のコージーに憧れて半年ほどドラムを叩いてました。
彼は本当にカリスマでしたね。
影響というのは百までもで後々まで尾を引くものですね。
友人のバンドのギターは女性ヴォーカルでポップ系の作曲をするのですがどうしてもマイケルシェンカーの癖が抜けません。
自分も以前は何を弾いてもリッチーブラックモアが好きでしょ?とよく言われました。

管理者のみに表示
« jet to jet | HOME | ドロップ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。