サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

woman from tokyo /ディープパープル

2014.11.29.Sat.19:51
本日、大分懸護国神社なるところへお参りして来ました。
といっても近所なんですけどね。とりあえず、女房の退院のお礼参りです。

意外に信心深いんやなぁ・・・いや、単に日本人なんです。



近頃、ヘイトスピーチの撤廃についてどうこうと世間を騒がせてますね。
一説にいうアジア諸国のごく一部の国々では国政を巻き込んで毎日反日デモが繰り返されております。
向こうは国がらみでしていいのになぜこっちはしてはならないのか?
これについて、櫻井よしこ女史も「やめなさい。だって、あなた方日本人でしょ?」と仰ってます。
自分も同意見ですね。
そんなハナクソの足しにもならない事に情熱注いで民度を落とす必要ないですよ。
我々日本人の誇りはここにあると思うのです。決して弱気外交というわけではありません。
こんな事カタり出したら、今売れセンの反中嫌韓本が一冊二冊書けそうなもんですがここはあえてこれだけにしておきます。
つまり、この国のために命を捧げた英霊に対して恥ずかしい限りです。

初めて組んだバンドにはいくつかのオリジナルもありました。
カセットに入れた音源は長い間持ってましたが今は紛失してます。
その中で代表曲が「ヘイトフル スピリット オブ ザ デビル」といいまして原題が「憎き邪悪な精神」
今から思えば立派なパンクですよ。

これについて、もうちょっとカタります。
まず作詞作曲したのがサイドギター担当で彼はこの頃一時エホバの王国に通ってました。
おそらくはその影響だったのでしょうけど、彼は神とロックを量りにかけてロックを取ったパンク野郎です。
正確には神は他人の中にあらず、自分のスピリットの中にあると公言しました。

・・・で、ですね。この「ヘイトフル・・・」というのは彼に頼まれて自分がムリクリ英訳したわけです。
歌詞も当然、英訳しましたが自分の手におえず、妹が訳しました。
ところがその英詞が歌えない。結局、恥ずかしいタイトルだけが残って和詞で歌われたわけです。
いや、ヘイトスピーチといわれてそんな事、思い出しただけです。

日本人の心と思って思いつく曲というと、また「憂国」だの「歩兵の本領」だのオールライト系に走ってしまいそうです。
今日はあえてディープパープルをお贈りしておきます。
スポンサーサイト

コメント

No title
日露戦争の乃木希典は史上最低の指揮官でした。
「突撃」だけで数万人戦死しています。
「包囲殲滅」だけでは現状の戦局を打開するのはムリってもんです。
ヘイトスピーチうんぬんを韓国でやったら殺されます。
それにしても儒教の国、何処へ行ったんでしょうかね~?
ヘタリカさん
ありがとうございます。
勝てば官軍といいますが日露戦争は確かに辛勝ですね。
というよりも追い詰めたら「玉砕」するのが朝鮮民族の火病よりはるかに恐ろしい大和民族の特性なのかも知れません。
「善悪はそれを生み出した者よりも使う者の良識にある」といいます。
すでに70年前の記憶だって失った国ですから都合のいいように解釈すれば、何だって正統なんでしょうね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。