FC2ブログ

サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Autumn Liaves

2015.02.28.Sat.10:36
先日、車を洗っていてふと思い立ちピカピカに磨いたばかりの車でスタジオまでCのハープを買いにでかけました。
Cというのは「ド」の音階。日本語では「ハ」の音です。
こんなもんはね、他のでも代わりが効くもんなんですよ。
でも逆いえば「C」は万能です。



それでスタジオの扉を「まいど~!」と開くと大将がなにやらお友達とセッションしてました。客放ったらかしで・・・
あ、客扱いやない?
曲はスタンダードジャズの「枯葉」です。
空かさず買ったばかりのトンボメジャーボーイで試しに乱入を試みようとしたけど、さすがに「C」じゃちょっとムリかな?
できんこともないのですが技量の問題です。

「ほな、歌いまひょか?The folling leaves!!」

そしたらそのお友達がこれに「おぉ!」と反応してくれました。

大将「ヴォーカルさんやけんな。」

自分もドヤ顔で「カシュですから・・・パンクやけど。」
なぜこんな曲を知ってるのか?阿川泰子が好きなんです。
これは歌詞がとても短いですからね。覚えていてよかったなぁ。



今日は以前、旧ブログでも紹介しましたがビル・エバンスで「枯葉」です。
たまにはジャズなどいかがでしょうか?
今度、ユニットしてみようかというピアノのお姉さんはジャズを感じられないエバンスが苦手だといいますが、自分は繊細さとテキトーさがみごとに組み込んだトリオ編成のエバンスがシンプルで好きですね。
「枯葉」というとやはりイヴ・モンタンのシャンソンが一番メジャーでしょ。親父の世代ですね。
父親は結構好きだったみたいで越路吹雪の「ろくでなし」とか、「ケ・セラ・セラ」なんか歌ってた記憶があります。
ちょうど、自分ぐらいの頃でしたかね。血はどこかで受け継がれるものなのでしょうか?

で、イヴ・モンタンなんですけど彼はイントロをフランス語でなにやら歌います。
そうして本編はたぶん輸出バージョンなのでしょうか英語になります。
これに比較してエディット・ピアフは全編英語なのですがフレンチ訛りで面白いですね。
とうぜんこれもマネしてみます。コツはねぇ・・・
「オンドレ・ナンカ・サラシテ・ケツカン・ド」巻き舌の河内弁ですよ。
スポンサーサイト

コメント

No title
1回目はダメでしたが2回目に聴くとジャズも悪くないなって思いました。
ただ、デスメタルっぽくないですね。
落ち着きます。
ヘタリカさん
ありがとうございます。

そうですね。ロックなどはジャンルの詳細はともかくとしてポピュラーなものですがジャズであったり、クラシック音楽などは受け入れの経路がそれぞれにあると思うのです。
その昔・・・もう30年は経ちますかね。
今のなんば花月に大阪劇場跡地というものがありまして、そこの地下に「ジャズやかた」というバーがあったのです。
二十歳そこそこのガキがですよ。
大人ぶってそのカウンターでオンザロックをなめながらジャズのリズムを体感するんですよ。
ジャズの事など分かりません、ただ大人ぶってリズムを感じるだけなのです。
心地よかったんですよね、ジャズは分かりませんがクラブというかディスコでただ飛び跳ねてるのと似た感覚です。

ジャズといわれて今もよく分かりませんけどね。
深夜のプールバーとか太融寺の麻雀クラブ、感覚の中でジャズは大人気分なんですよ。
かくいう自分は五十を過ぎても大人気分の少年ですね。

それと同じような意味で自分にはデスメタルとの接点に恵まれませんでした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。