FC2ブログ

サッカリン駒田のHound Egg

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFRICA

2015.04.18.Sat.08:26
夢の中で前ヴォーカリストとスタジオで会う夢を見ました。
本当は復帰したいけど、もう新しいヴォーカルは定着してる。
せめて見学だけでも・・・みたいな感じで彼は自分の後ろに立ってリハーサルを見てます。

そこで自分は彼にチャンスを与えます。
「得意な曲をやってみ、俺よりファイトがあったら譲ってやってもいいよ。」
負ける気はちっともしないんですけどね。
自分の記憶の彼はライヴで見たのとDVDの中にしかありません。
カツゼツ悪いわリズム感ないわ、腰が退けてるわ・・・それでもたぶん、元々ギターで加入してるわけですからバンドの顔を譲ってあげる気はあったように思います。
結果の方は記憶にありません。



近頃ちょっと不調です。
土曜の夜にリハして日曜日は声ガラガラでおまけにアクセントが大阪弁。
何言ってるのかさっぱり分かりません。
これがだいたい火曜日ぐらいにようやく本調子にもどって、また土曜のためにヴォイトレを始めます。
それが近頃では木曜金曜ぐらいまで声が掠れて急仕上がりですね。
もう、伸びる年齢ではないのでここまで来れた2年間がむしろ奇跡なんですよ。
ここからはどの道、消耗戦になるわけですが歌唱力は声質だけではないのですよ。
行き着くとこまで行くだけです。

今日はTOTOで「アフリカ」を紹介したいと思います。
これを聴くとフェスティバルホールだったと記憶しますが上手すぎて退屈だった大阪公演を思い出します。
TOTOにそんなに興味があったわけでもないですし、知ってる曲って「ロザーナ」とこれぐらいしかなかったですからそんなもんだったのでしょう。
曲の構成うんぬんよりもハードでガシャガシャの方が好きでしたからね。
TOTOにはちょっと悪い事したような気分が残りますが、今もあんまり動きのない演奏に興味ないです。
今思うんですけどキッスの公演は前から3列目ぐらい、クイーンも結構前のほうで観れたのですがあまり後ろの方で見てもそうアツくないですよね。
MSGはかなり後ろでおまけに当時のキーボードの人。
何て言ったか忘れましたが「あれ?おったん?」みたいに最後のカーテンコールまで一部始終全く見えなかったです。
今みたいに巨大な液晶ヴィジョンなどありません。
マイケルだってコージーだって小さく見える程度でしたが公演の三日前に奇跡的にとれたチケットでしたから文句も言えませんし、どうしても観たかったので結構楽しめましたよ。
自分たちは間違ってもマディソンスクエアとかウエンブリーとか絶対ないですが小さなホールでイジメの如く地道に観客や共演バンドを圧倒していきたいですね。

そのためにもやっぱり、ビートの効いたギターは必要でしょうね。

スポンサーサイト

コメント

No title
トイナナさん、アフリカ ゴチでした。
ライブは完璧すぎてタイクツでしたが、改めてPVを見るとこの完成度の高さを感じます。
おかしな事ですが、今、洋楽市場が死滅状態にある中で、「良い音楽のドコが悪い?」と開き直るTOTOの凄さを改めて認識しました。
例え引退しても音だけはいつまでも残ると思います。
ヘタリカさん
ありがとうございます。

あールカサーなんかジグネチャーモデルまで出して、かなりがんばってますね。
前回の話を引きずるようですが、とはいえライヴでブレないという事はそれはたいへんな事ですよね。
ローラーズやボン・ジョビなんか言うまでもなく、スタンゲッツの昔からライヴの水準上げるために大きな顔してアルバムの口パクしてましたからね。

クオリティーに拘って何が悪いって、そりゃ正論には違いないです。
だけど、昔はどうだったか記憶にありませんが今はもうひとつ「大御所」とか「殿堂入り」というジャンルがありますから、僕らなんかでも全然興味ないTOTOやベンチャーズでも機会にさえ恵まれればそれ相応に感動できますよ。

No title
TOTOのLIVE映像とかみてると、本当にレコード聴いてるみたいに完成度が高いですよね。それだけにLIVEっぽさが無い=退屈に感じてしまうのかも?
しかし、この曲は本当にルカサーの存在を感じませんよね^^;
No title
私も20代の頃はTOTOは退屈でしたね~・・・
しかしどういうわけか40過ぎてから好きになりました。
好みは変わるんだと思いましたね。

管理者のみに表示
« GHOST | HOME | 品川心中 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。