サッカリン駒田のHound Egg

blitzkrieg Bop

2017.02.05.Sun.12:18
昨夜は都町の「ねいろや」さんにて、待望のkiller bee デビュー戦を果たせました。
実に四年間の集大成にいつも「見せるプレイ」を心掛けてきた。
実際、ステージに上がってみると、やっぱ都合が違ってくるものですね。
いい勉強がたくさんできました。



ロック演奏じゃなくて、ロケンロールショーなのです。じっとしている上手より、飛び回るヘタクソのがいい。
そんな話を対バンさせて頂いた「BRINKY」さんと楽屋で盛り上がってましたら、ラモーンズの話になって、パンクロックの創始者とされるラモーンズの功績は偉大ではあるけど、ナゾに包まれた部分も多い。
そりゃ、バンドの軌跡。メンバーの経緯、そして終焉に至るまでいろいろとございましょう。
そんな事はさておき、まずひとつにはラモーンズにヒット曲がない。
個々にどの曲がだれほど売れたとかではなく、じゃあラモーンズの代表曲ってなんだ?
となると、これこそ十人十色みたいになっちゃうんですよね。
最もあたり障りなく、全部が売れてるって理想的なんですけどね。

それともうひとつのナゾというのが案外コアなんですよ。
「ラモーンズのコピーバンドは別にラモーンズが好きというわけじゃないヤツほど上手い。」
これは不思議ですね。でも、対バンのBRINNKYさんがいうにはやはり同系繋がりで津々浦々公演に回って、その中にはかなりラモーンズのカバーバンドもいるとの事で、総体的にみてそう思うのだそうですよ。

わかりますね・・・何となく。
あまりスキスキ過ぎても、根本的な事は見えてないような。
たとえば、女の子に対しても似たような気がします。
スキスキ過ぎて、彼女が本当に望む事が見えてない・・・
まあ、それが愛だというなら、それはそれで勝手にしてくれたらいいのですがね。

child in time

2016.12.25.Sun.22:56
リッチー・ブラックモアの曲。
ディープパープル、レインボー含めてどれほど記憶してるかなんて、ふと思いました。
スタンダードなスモーク・オン・ザ・ウォーターとかバーンとか・・・断片的には憶えているみたいですが、細かい部分はどうだったか?
「うん、それらしく聴こえれば」みたいな・・・最初から、そこまで綿密にコピーなどしていなかったのかも知れないです。



人間の記憶というものは本来、容量が決まってますので、必要ではなくなったものを簡潔化してしまって「そんな気がする」で片づけてしまいたがるものではないでしょうか?
あるいは自分にとって「どーでもいー」事は全消去してしまってたり、都合のいいように捏造してたりして、また涼しい顔して夜明けを迎えてたりするものかも知れません。

いや、ホントどーでもいー!!

ただ、このへんの記憶というものは、ギターソロの部分だけが擦り切れてシャーシャー謂ってた「LIVE IN EUROPE」の記憶によって辛うじて結び付けられてるものに過ぎないです。

今日はディープパープルのこれまたスタンダードで「child in time」ですがクダンのブラックモアズナイトバージョンです。
えー・・・こんなのキライですね。
よく分かりませんが、ひと昔前に北欧のフォーク・メタルだの民族ロックだのとアノ手のようですが、あくまで自分の好みからです。
古き良き音楽が後生に伝承されるという意味を否定するつもりはありません。
アレンジされてようが正統派を貫こうがそんな事を言うものでもないです。
きっとね。リッチー・ブラックモアの新骨頂だから許せないんじゃないでしょうか?
だけど、他にも彼らの曲をいくつか聴いてみましたが、思うにリッチーのあるべき姿はコレだったのかも知れないですね。
特にロニー時代の曲は「バビロンの城門」とか「メン・オン・シルバー・マウンテン」とか、スタンダードに中世を模索したような曲が多いようです。
えー、そんなの聴いて、当時の自分は「カッコいー!」とか思ってたわけです。

かく申します自分も、今では長ったらしい・・・しかも全曲すべてに入ってるギターソロなんか大っキライです!!
ライブにおいてさえ、面倒くさくなったらテキトーにコード弾きしたり、アドリブでそれらしくシャクを繋いだりします。

オイ、そこ!!金取ってんだから、もうちょっとちゃんとしろよ!

そんな自分がもし、かつてLP盤すり切れるほど聴いた頃の自分に出会う事ができたなら、彼から何を教われるでしょうね。
もう、その頃の記憶でさえ、50を過ぎてまだギター弾いてるってだけの現在の自分に辛うじて結び付けられてるものに過ぎないのです。

shout at the devil

2016.11.27.Sun.12:56
先日のスタジオでの事。
時間が間に合わず、職場から直接駆け付けたためにスタジオのギターを借りました。
当然の事ですがアタッチメントの類はない。
アンプ直結でワンワカやってると、ベースのひろしちゃんが「ギターが大きすぎて、ボリューム最大にしてもベースが聞こえない!!」という。
「てか、(エフェクター)カケ過ぎて、音痩せしってんちゃうん!?」
アタッチメントの電圧が上がり過ぎるとスピーカーを守るため、リミッターが効くという現象ですね。
実際、ドラムの音にかき消されるから、アンプの出力最大にしてるわけですからね。



とはいえ、数多のプレイヤーにとって、音色のこだわりと葛藤は永遠の悩みです。
傍から聞くにはホントどうでもいい事なんですけどね。
最近ではムスコにもらった「メタルコア」しか使わない事が通常となっておりますが、自分もライブの最中に起こる、この「音痩せ」には悩まされております。
そこでもう、この際開き直って色々と試行錯誤せずにディストーションオンリーのメタルサウンドに回帰しようかと思うんですよ。
それはもう、「メタルコア」の言うまでもなく得意な分野ですからね。これ一個だけで十分なんですよ。

今日はモトリークルーの「shout at the devil」です。
コレはあえて、いつだったか漠然としてますが、約20年ほど前のリミックスバージョンですが原曲は世界中のギター小僧がディストーションひとつで最大の重厚感が出せた名曲です。
その昔はメタルってジャンルで音色の変化に乏しい事にすごく悩んだのですが、ちょっとでも軽快な音色を出すと、もうソノ時点でメタルでなくなるわけです。
今は無論、メタルやってるわけじゃないんですけどね。
この音と手法しか出せないんだったら、ラクでいいじゃないスか!?
年を取るとは、そういう事なんですね。

deuce

2016.11.10.Thu.23:07
ベースのひろし選手がザ・マイキーのFACE BOOKを立ち上げようと言い出しました。
FBでの告知活動は個人のページを通じて広がるものですから、そんなもん作ってもアクセスないゾと思いますがモトのかからない事なのでソレはやるだけやってもいいかと思いますが、話を詰めていけば写真や動画をもっと増やしてから、プロのウェブデザイナーを雇ってどうのこうと・・・
まあ、なんでもいいのですが。



先日ご一緒できた大阪のCANDY-BOXさん。
CDはライヴ会場とアマゾンでのみ購入可能という状態だそうで自分達もそのうちそうなったら、FBなどを通じてドシドシ宣伝しなきゃ・・・などと考えたりします。
もっとも、当面はカバー曲オンリーでオリ曲は現在、自分が一曲半書いた時点で止まってますが来年には何曲かやっていきたいものです。

だけどいい時代になりましたね。
つい、数年前までは携帯電話さえ満足に使えず、これからのロッカーはパソコンやデジタル使えなきゃ音楽すらやっていけないと痛感した次第でしたが、逆言えばちょっと機械が使えるだけでかなりの事ができるのです。
30年も前になりますか、実はEPをリリースした事があるんです。
もう、あまり昔の事なのでよく憶えてはいないのですが100枚リリースして50万ほどもかかりましたか・・・
50万ってどんな価値かといえば、マーシャル900系がユニットで60万ほどでしたか。
ホンダのCB400が56万円。ギブソンレスポールカスタムが38万円。道頓堀のタコ焼きが8コ250円。
・・・なんやよう分からんたとえですがとにかく大金を長瀬川に捨てたようなもんです。

で、現代でCD起こそうとすれば、まあピンキリではありますがCDR100枚二千円。
プラケースもだいたい二千円もあれば十分でしょ。
あの程度のクオリティでしたら、スタジオのMTRでちょちょっと録音して6時間もかからないでしょうね。
(元)プロのグラフィックデザイナーはここにいますから、あとはカラープリンターで装飾して・・・
15000円もあればCD100枚作ってお釣りがきます。まったくいい時代になったものです。

さて、今日はキッスのジュースです。
これは98年のドジャースタジアムの模様だそうですが最近のキッスの画像を観て、ひとつ思った事が昔は拳を振り上げて熱狂したものですがアリーナ席にいながら、みんなスマホやデジカメを掲げて観戦してるんですよ。
なんてもったいない事を・・・
36列目西側の22番シートとかだったら、それも分からなくはないですが、それでも自分なら近視の乱視の老眼を凝らして、見えない目で必死で観てますよ!

デジタルな時代に本当にロッカーたちは生き残れるのでしょうかね?



Blowin The Wind

2016.11.07.Mon.20:02
6月からこっち、暇つぶしに始めたバンド「THE MYKI (ザ。マイキー)」の活動が目まぐるしく息つくヒマもない。
ライヴができて良かったね。楽しかったね。・・・などと言ってる間に向こうから次々にオファーがかかって、ろくにリハーサルもしないまま気づいたらステージに立ってるなんて。
必死で音楽やって、それでも出番がもらえない事に悩んだ日々って何だったんでしょね。



この11月の19日に地元のハウスのイベントを勤めあげれば、長いようであっという間だった今年の予定はようやく終了・・・となるハズでしたが12月。中津市のイベントがまた入りそうです。

先日は大阪より遠征に来た「CANDY-BOX」という女の子たちとご一緒できました。
目がキラキラしてて、ヲッサン共も負けてられんわと異常にテンション上がりましたね。
そう、若かりし頃はあんな目をしていたハズです。
本当にいい一夜でハネてからも体が熱かったです。
さて、残るはあと一戦って時にふと、こんな歌を思い出して告知にその一節を上げてみました。

(人は)どれほどの道を歩けば、(一人前の)人として在れるのだろう?
いくつの海を渡れば、白い鳩は眠りにつけるのだろう?

ボブ・ディランの反戦ソング「風に吹かれて」の一節ですね。
自分は昔っからディランがキライです。なんか、高慢ちきなアメリカの典型的なクソガキって感じがしましてね。
後にはそのまま大人のアメリカ人になっちゃいましたって感じで・・・別にアメリカ人がキライなわけじゃないですよ。
ただ、何と言っていいか「文化のゴリ押し」みたいな感情が否めませんでね。
もっとも、彼はアメリカでアメリカ人のために歌ってたわけですが、それを勝手に囃子立てたのは当時の日本のクソガキとズルイ大人たちでディランには何の罪のないわけですけどね。
どうにもボブ・ディランが好きになれないです。

さてさて、そんな事宣うてる間に自分たちもズルイ大人になっちゃいました。
残った体力を温存しながら、事柄を処理していく。
結構、疲れてきましてね。雨に見舞われた野外ライヴ。機材の不調と時間の不足を抱えたまま大阪のバンドとの対バン。
ナメてましたね。テンション低かったです。
いつの間に、オレタチ相手を選べるほどエラくなったのだろう?

CANDY-BOXの女の子たちは本当にポジティブでいい子たちで、あの頃の自分と同じぐらいの彼女たちに大切なものを教わりました。
好きで生きてるんですから、アレコレ画策してるよりも風に吹かれて、ただただ煌き続ければいいだけの話なんですよ。
そんな事をこの曲に乗せて思ったりします。
« Prev | HOME | Next »